ブログ

令和3年の遺言公正証書の作成件数について

令和3年の遺言公正証書の作成件数について

遺言を公正証書で作成している方ってどれくらいいるのでしょうか?

これは日本公証人連合会が発表したデータです。年間10万件以上です、この数字を少ないと見るか、多いと見るかは別にして、これだけの人が公正証書で遺言を作成しているんですね。あと、日本公証人連合会が作成した「遺言を残すことの大切さ」をドラマ形式で紹介しているビデオがあるのですがご覧頂けたらと思います。大河ドラマの俳優さんが出演しています。

ビデオにもあるように行政書士は遺言書作成の専門家でもあります、どうしてよいか分からない方は是非、行政書士にご相談ください。

令和3年1月から12月までの1年間に全国で作成された遺言公正証書は、10万6028件でした。
なお、過去10年間の推移は、次のとおりです。

暦年 遺言公正証書の作成件数
平成24年    8万8156件
平成25年    9万6020件
平成26年   10万4490件
平成27年   11万0778件
平成28年   10万5350件
平成29年   11万0191件
平成30年   11万0471件
令和元年(平成31年)   11万3137件
令和2年    9万7700件
令和3年   10万6028件

最後までお読みいただきありがとうございます。ご利用お待ちしております。

 

関連記事

  1. 遺言書を作成するときに必要な書類
  2. 自筆証書遺言の保管制度。要件、書き方、費用
  3. 自筆証書遺言の保管制度
  4. 遺言作成に必要な書類
  5. 遺言のメリットとは
  6. 遺言執行者とは
  7. 公正証書遺言の作成、書き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP