深夜酒類提供飲食店営業開始届

深夜酒類提供飲食店とは

バー、居酒屋、スナックなど深夜(午前0時~午前6時)に種類を提供する飲食店です。当然、酒類の提供をするため、あらかじめ保健所に食品営業許可申請をして、許可を取得します。

接待行為の禁止


深夜酒類提供飲食店は、風営法の「接待行為」が禁止されています。接待行為を行う場合は、風俗営業許可(1号・社交飲食店)の取得が必要です。

届出の要件


① 場所的要件
深夜営業を行うことができない用途地域内に営業所がある場合は、届出ができません。
各都道府県の条例で制限がありますが、通常は商業地域、隣接商業地域、工業地域、準工業地域での営業でしょう。

② 設備要件
営業所内の構造及び設備についても風営法による規定があり、個室を設ける場合の面積や照明設備の明るさ(照度)などの要件をクリアする必要があります。

手数料


届出手数料は0円です。

届出時期及び届出先


営業開始の10日前までに届出が必要です。届出先は所轄の警察署です。

必要書類


千葉県警察HP

営業所平面図の他、営業所求積図、客室等求積図、音響照明図の作成が必要です。

その他、警察署のローカルルールにより提出書類が増加します。

 

開始届はお任せ下さい

初めての方は、大体、警察署に4~5回足を運ぶそうです。

煩わしい申請、届出は行政書士にお任せ下さい。

ご利用料金はコチラ

拙著

Amazon

ライバルに差をつけ成功しよう!

必見『行政書士成功読本』開業当初の不安を解消します 成功は開業前後の準備で決まる。宣伝効果大、TV出演方法伝授

行政書士に関する質問受付中

現役行政書士が行政書士に関する質問に回答します 開業準備、業務内容、食えるのか?等について真実を話します

YouTube 3分でわかる月次支援金

YouTube 行政書士を志した理由

note

ココナラ

心理カウンセラーがカウンセリング、悩み聴きます 聴かせてください、一緒に考えましょう。安心安全元自衛隊教官

行政書士が就職相談、面接のコツを教えます キャリアコンサルタント、行政書士で元公務員が就職相談

最近の記事

ブログカテゴリー

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Facebook

PAGE TOP