自動車の変更登録(住所・氏名)手続き

自動車の変更登録とは

自動車の所有者の住所・氏名・名称等に変更があった場合、あるいは使用者・使用の本拠の位置等を変更した場合には、変更の日から15日以内に、住所変更・氏名変更・使用者変更・使用の本拠の位置の変更の手続きが必要となります。この手続を「変更登録」といいます。手続きは使用者の住所地(使用の本拠の位置)を管轄する運輸支局又は自動車検査登録事務所で行います。

簡単に言うと自動車検査証の所有者又は使用者が、結婚して氏名が変わったり、引っ越しをして住所が変わった場合に必要になります。法人の場合は会社の社名変更や、住所移転をした場合です。

住所変更の手続きを怠ると、以下のようなことが生じるおそれがあります。
リコールの案内、税金や保険のお知らせが届かない。
盗難や事故のときに所有者や使用者の確認が遅れるなど

普通自動車の必要書類


1 車検証(原本)

2 車庫証明

3 委任状(使用者、所有者が異なる場合は双方のもの)

4 住民票等
【個人】住民票(発行から3ヶ月以内、マイナンバーの記載のないもの)
住民票のみで現在の車検証とのつながりが証明できない場合(2回以上引越)には、別途戸籍の附票等が必要となります。
【法人】登記事項証明等(発行から3ヶ月以内のもの)

5 戸籍謄本(氏名の変更の場合)

印紙代等


自動車登録印紙350円
OCR用紙20円

軽自動車の必要書類


1 車検証(原本)

2 委任状

3 住民票等
【個人】住民票(発行から3ヶ月以内、マイナンバーの記載のないもの)
住民票のみで現在の車検証とのつながりが証明できない場合(2回以上引越)には、別途戸籍の附票等が必要となります。
【法人】登記事項証明等(発行から3ヶ月以内のもの)

自動車の変更登録(住所・氏名)のご依頼はこちら

 

拙著

Amazon

ライバルに差をつけ成功しよう!

必見『行政書士成功読本』開業当初の不安を解消します 成功は開業前後の準備で決まる。宣伝効果大、TV出演方法伝授

行政書士に関する質問受付中

現役行政書士が行政書士に関する質問に回答します 開業準備、業務内容、食えるのか?等について真実を話します

YouTube 3分でわかる月次支援金

YouTube 行政書士を志した理由

note

ココナラ

心理カウンセラーがカウンセリング、悩み聴きます 聴かせてください、一緒に考えましょう。安心安全元自衛隊教官

行政書士が就職相談、面接のコツを教えます キャリアコンサルタント、行政書士で元公務員が就職相談

最近の記事

ブログカテゴリー

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Facebook

PAGE TOP