尊厳死宣言

尊厳死宣言

尊厳死宣言、最近そのような言葉をお聴きになっていませんか?

延命治療などせず、人間らしく最期を迎える、そんな宣言があるのをご存じでしょうか?

その宣言を公正証書にして残すのです。

尊厳死宣言公正証書とは、「疾病が現在の医学では不治の状態にあり、死期が迫っていると医師2人に診断された場合は、延命のみを目的とする措置は行わず、苦痛緩和措置を最優先に実施し、人間としての自然なかたちで尊厳を保って安らかに死を迎えることができることを望んでいる。」という内容を、公正証書として作成するものです。

 

 

 

 

 

では何を書いたらいいんだろう?

そんな心配は必要ありません。行政書士の作成した見本を元に、変更箇所をご指示いただくだけです。

それを清書し、ご一緒に公証役場に行き作成をお手伝いします。

ご家族に面倒をかけないためにも、少し考えてみませんか。

公正証書遺言と一緒に作成される方が多いです。

公正証書遺言+尊厳死宣言公正証書で行政書士料金143,000円(その他公証役場の手数料50,000円前後)

 

拙著

Amazon

ライバルに差をつけ成功しよう!

必見『行政書士成功読本』開業当初の不安を解消します 成功は開業前後の準備で決まる。宣伝効果大、TV出演方法伝授

行政書士に関する質問受付中

現役行政書士が行政書士に関する質問に回答します 開業準備、業務内容、食えるのか?等について真実を話します

YouTube 3分でわかる月次支援金

YouTube 行政書士を志した理由

note

ココナラ

心理カウンセラーがカウンセリング、悩み聴きます 聴かせてください、一緒に考えましょう。安心安全元自衛隊教官

行政書士が就職相談、面接のコツを教えます キャリアコンサルタント、行政書士で元公務員が就職相談

最近の記事

ブログカテゴリー

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Facebook

PAGE TOP