小規模事業者持続化補助金(通常枠)

持続化補助金(通常枠)

本補助金事業の主旨(公募要領抜粋)
本補助金事業は、小規模事業者自らが自社の経営を見つめ直し、経営計画を作成した上で行う販路開拓の取組を支援するものです。外部のアドバイスを受けること自体は問題ありませんが、事業者自らが検討しているような記載が見られない場合、本補助金の趣旨に添わない提案と捉えられ、評価に関わらず採択の対象とならないことがありますのでご注意ください。

持続化補助金とは


小規模事業者の販路開拓等のための取組を支援

基本情報


対象:小規模事業者 等
常時使用する従業員が20人(商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)の場合は5人)以下の法人・個人事業主の方


補助上限:50万円、補助率:2/3

上記に加えて、次の枠を追加して申請可能

補助対象


店舗の改装、チラシの作成、広告掲載など

想定される活用例


・ 感染症収束後の販路拡大に備えて、「インバウンド向けの英語表記メニ ュー」や「のぼり」を作成。
・ そば粉の製粉に使用する機械を一新し、そば粉の前処理の安定化、かつ時間短縮化により、事業再開後の繁忙期の売り切れなどを回避。
・ 再開後のインバウンド需要取り込みのため、旅館にて、外国語版WEBサイトでピクトグラムの活用やムスリム対応情報を発信し、外国人団体旅行予約の拡大を図る。

公募スケジュール


5次締切:令和3年6月4日(金)当日消印有効
6次締切:令和3年10月1日(金)当日消印有効
7次締切:令和4年2月4日(金)当日消印有効

申請から補助金受領までの基本的な手続きの流れ


rhojo1.png

ポイント:②のとおり、本人が商工会議所に出向いて、各計画書の確認を受けるとともに、事業支援計画書の作成を依頼します。

過去の採択率


本制度は給付金ではありませんので、審査があります。

直近の採択率は約30%、公募の回によりばらつきはあります、1次、2次は80%位が採択されていました。平均すると40%~50%のようです。しかし、年間数回の公募がありますので何回でもチェレンジできます。

直近の採択率(中小企業庁HP)

申請書作成サポート


「持続化補助金」の申請書の作成支援は、「行政書士の独占業務」ですので、行政書士登録をしていない税理士や中小企業診断士、無資格の「コンサルタント」などは、「アドバイスしか」出来ません。申請書の作成をすると、行政書士法違反になります。無償なら問題ありません。
もちろん補助金制度の趣旨は、事業者が自ら主体的に計画を立案して、補助事業に取り組むことですので、依頼先が行政書士であっても、「丸投げ」はNGです。

弊所では、各計画書、申請書の作成(申請行為はお客様ご自身)をサポートします(実績報告書は除く)

着手金55,000円、成功報酬55,000円(各税込み)

 

日本商工会議所HPへ

 

YouTube 行政書士を志した理由

note

ココナラ

心理カウンセラーがカウンセリング、悩み聴きます 聴かせてください、一緒に考えましょう。安心安全元自衛隊教官

行政書士が就職相談、面接のコツを教えます キャリアコンサルタント、行政書士で元公務員が就職相談

最近の記事

ブログカテゴリー

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

PAGE TOP