ブログ

一時支援金の概要

制度の概要

経済産業省の資料が全体像を捉えやすいので参考にしてください。

ポイント

 申請は早期給付を目的に「電子申請」(ネットによるオンライン)です。

 持続化給付金の不正受給問題の教訓から、申請の前に「登録確認機関」(下記参照)の事前確認を受ける必要があります。(事前確認を受けないと申請できません)

 行政書士は、中小企業庁より有償で申請代行することを認められています。
(パソコン等を保有されていない方は、行政書士のメールアドレスから申請が可能です)

 

一時支援金の概要

 

登録確認機関とは

一時支援金の不正受給や誤って受給してしまうことへの対応として、申請予定者が、①事業を実施しているのか、②一時支援金の給付対象等を正しく理解しているか等について、事務局が募集・登録した「登録確認機関」により、「帳簿等の事務局が定めた書類の有無」や「宣誓内容等に関する質疑応答」等の形式的な事前確認を行います。

弊所は登録確認機関です。お気軽にお問い合わせください。

 

事前確認対面、オンライン(Zoom)、全国対応しています。)+簡単な申請サポート


5,500円
登録確認機関は事務手数料を一時支援金事務局より支給されますが、この事務手数料を辞退して申請予定者から対価(報酬)を得ることも認められております。当職はこの一時支援金事務局からの事務手数料を辞退し、申請予定者様から報酬をいただくことになります。また、事前確認状況によっては確認通知番号の発行をお断りする場合があります。この場合は本来の報酬の半額を申し受けます。当職が確認通知番号を発行した場合でも「給付金の受給を保証するものではありません」のでご留意下さい。お支払いは前日までに振込か当日現金で頂戴します。

住信SBIネット銀行、メロン支店、支店番号(108)、口座番号2980642、ワタベヤスユキ

※申請サポートのみのお客様は有料です(例えば:提出書類の修正・説明、申請手続きやWEB申請システムの操作方法の説明等)
3,300円

 

一時支援金の詳細はコチラ

経済産業省HPへ

 

 

関連記事

  1. 千葉県感染拡大防止対策協力金(第2弾)
  2. 持続化給付金いつまで、必要書類、締切は
  3. 一時支援金の事前確認・申請の注意点
  4. 一時支援金
  5. 家賃支援給付金の必要書類
  6. 一時支援金の申請要領

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP