ブログ

会社の設立とは

皆さんこんにちは。ご覧頂きありがとうございます

会社の設立とは
会社って色々あるって聞くけどつくるにはどうするの。
行子
行子

会社は、法律が特別に法人格を認めたものですので、その条件をクリアしなければなりません。

法人

人ではないが、法律上特別に人と同じ権利(法人格)を与えられた存在

 

株式会社や合同会社を運営していくのは、財産がきちんと管理されているかなどが重要な要素になります。

 

大きく4つのステップがあります。

 

定款の作成


定款は会社運営の基本ルールを定めたもので、いわば会社の憲法です。

この定款を作成しなければ先には進めません。

 

資 産


商売をするための資金を集めます。

いわゆる資本金です。

 

会社を経営する経営者を選びます。


発起人が会社の経営陣を選びます。経営陣は出資者でなくても可能です。

発起人

会社の設立の企画者として、定款に署名・捺印などをした者。発起人は一人でもいいですが、1株以上の引き受けが必要です。

 

登記


登記所という国の役所に、届け出て登録してもらいます。これが登記です。登記されて初めて会社の誕生です。

 

 

株式会社設立には定款を作成します。その定款は発起人が作成し、公証役場で公証人の認証を受けます。次に財産を集めますが、ここでは2つの手続きに分かれます。

 

発起人が会社の財産すべてを出資し、すべての株式を引き受ける「発起設立」と、発起人とその他不特定多数の人の出資を募る「募集設立」です。

 

小さい会社はほとんどが発起設立ではないでしょうか。

発起設立の場合は、発起人が出資予定額をすべて払い込みます。取締役など最初の経営陣を選びます。発起人自らなることもできます。設立手続きの調査を行い、登記をして完了です。

 

 

関連記事

  1. 社会福祉法人のしくみ
  2. 福祉事業サービスの開設手続き、運営のしかた。就労継続支援A型サー…
  3. 障害福祉事業とは、開業は。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP